Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

「タートゥ 死霊の呪い」昔の低予算ゾンビ映画

映画「タートゥ 死霊の呪い」日本版VHSのジャケット画像。

ゾンビ映画!と謳いながらも、
健康そうなアメリカ先住民のオジサンが1人で地味に暴れるだけ。
そんな絶妙にツボを外したホラー映画、
「タートゥ 死霊の呪い」の見どころについて詳しく解説します。

スポンサードリンク

「タートゥ 死霊の呪い」はこんな映画

「タートゥ 死霊の呪い」
(DEATH CURSE OF TARTU)
(1966年 アメリカ 85分)
監督 脚本 ウィリアム・グレファ
主演 フレッド・ピネロ

蛇!ワニ!サメ!そして中年男性が襲いかかるこの恐怖!?
恐るべき先住民の呪いを描いた身の毛もよだつゾンビ映画!
・・・というのは理想ですが、現実は厳しく・・・

動物さんたちの襲撃は資料映像+全く元気の無い本物、
メインで襲いかかってくるのは健康そうなオジサン1人、
という全然怖くないホラー映画です。

60年代の古い作品なので、刺激は少なめ。
別作品の併映用に1週間で撮影された、
短期速成の低予算ホラー映画です。

私は500円の中古VHSで鑑賞したので、
このユルユルぶりを楽しめました。
現在はプレミアが付いているようなので、
ご鑑賞は自己責任でお願いします。

「タートゥ 死霊の呪い」ストーリー

「謎と神秘に包まれたインディアンゾンビ映画!」
(日本版ビデオソフトのコピーより)

400年前に死んだインディアンの妖術師タートゥが、
様々な獣に変身しては、
自分の埋葬地を荒らす考古学者や学生達を襲います。
最後は洞窟で眠っていたご本人の遺体が復活!
生前の姿(普通のオジサン)に変身して、
主人公の考古学者とその恋人に襲いかかります。

「タートゥ 死霊の呪い」見どころ

前半はゆるい動物パニック。ゾンビは何処?

かなり昔々な雰囲気の作品。
50年代、60年代の古き良きアメリカの雰囲気。
若者がラジオの音楽に合わせ、
突如ゴーゴーダンスみたいなのを踊りだします。

神聖な土地に侵入者があると、
洞穴の中に置かれた棺の蓋を開けて、
ミイラ化したタートゥがモゾモゾし始めます。

ゾンビ登場か?

と思ったとたんミイラは大蛇に変身!
のそ~とゆっくり進み出す大蛇。
何か調査してる学者。
のそ~と進む大蛇。
何か調査してる学者。
のそ~と進む大蛇。

このカットバックが数セット続いた後、
やっと気付いた学者めがけて突然俊敏になった大蛇がジャンプ!
(スタッフが放り込みました)
大蛇に自分から巻かれて絶命する学者。

だいたい全編こんな調子で人が死んで行きます。
川で泳ぐ男女をサメが襲ったり(背びれのみ+資料映像)、
全力疾走で逃げたにもかかわらず、
のそのそと進むお疲れ気味なワニに追い詰められ、
手首を喰いちぎられて死んだり。

せっかくのゾンビが一切活躍せず!

映画「タートゥ 死霊の呪い」のゾンビ(ジャケ裏画像より)

ミイラ化したゾンビ。この姿では活動せず。

クライマックスは考古学者と妖術師ゾンビの直接対決!

棺の蓋を押し開けて、
全身ミイラ化した蜘蛛の巣だらけのタートゥがゆっくりと起き上がります。

ついにゾンビ登場だ!!!

・・・とここで妙な間があり、
上体を起こしたミイラがキョトーンとした表情で何かを待っています。

するといかにもゾンビなミイラの姿から、
血色の良さそうなインディアンのオジサンに大変身!
変な間はオーバーラップ(画面がダブって切り替わる合成処理)
を待っていたのでした。

ですのでこの映画におけるゾンビ対人間の死闘は、
中年男同士の取っ組み合いの喧嘩です。

☆登場するゾンビの特徴まとめ☆
棺の中・・・・・全身ミイラ化状態。モゾモゾ動く。キョトーンとする。
襲撃時・・・・・ノーメイクの中年男性。血色は良い。半裸。無愛想。
        若干腰周りの肉がダブついている。

せっかく施した全身ゾンビメイク。
何故わざわざ普通の人に変身するの?
そのまま襲って来た方が絶対楽しい、と思うのは私だけ?

※ネタばれ注意
 以下結末に触れています。

小競り合いの末、沼に突き落とされて沈んでゆくゾンビ、
というかオジサン。
・・・と、首まで沈んだところで表情か消え、じっとして動かなくなります。
なんだか温泉にでも浸かってるみたいです。

すると案の定ミイラに変身。
またまたオーバーラップ待ちでした。

かくして妖術師タートゥによる恐るべき(?)殺戮劇は幕を閉じます。

にしても・・・・・
洞穴で死んでるときは変身して人殺しまくりだったのに、
沼で死んでると滅びた事になるのは何故?

考古学者は言います。

「タートゥを静められるのは母なる自然のみ!」

学者の先生にこう言われては、納得するほかありません。

スポンサードリンク

ページトップへ戻る