Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

「エイリアン・デッド」低予算の帝王、デビュー作ゾンビ映画

映画「エイリアン・デッド」のイメージ(日本版VHSジャケット)

まるでテスト・フィルムの様なゾンビ映画、 「エイリアン・デッド」の見どころについて詳しく解説しています。 低予算娯楽映画を大量生産し続けてきた製作者で監督、 フレッド・オーレン・レイのプロとしてのデビュー作です。 スポンサードリンク 「エイリアン・デッド」はこんな映画だ! 「エイ…
続きを読む

「FIEND 悪魔の飽食」洋画ゾンビの最低ラインはここかも?

映画「FIEND 悪魔の飽食」VHSジャケット

ゾンビ映画「FIEND 悪魔の飽食」について詳しく解説します。 中年男のゾンビが、人を殺して生命エネルギーを奪いながら、 家を借りて猫と暮らしたり、 バイオリン教師として起業したりする変なホラー映画です。 スポンサードリンク 「FIEND 悪魔の飽食」はこんな映画 「FIEND …
続きを読む

「悪夢の死霊軍団 バージン・ゾンビ」フランス製幻想ホラー

映画「バージン・ゾンビ」日本版VHSジャケット

ゾンビなんて登場しないフランス産の幻想的ホラー映画に、 後撮りで無理矢理ゾンビの襲撃シーンを付け足した強引なゾンビ映画、 「悪夢の死霊軍団 バージン・ゾンビ」。 その奇想天外な内容について詳しく語ります。 スポンサードリンク 「悪夢の死霊軍団 バージン・ゾンビ」はこんな映画 「悪…
続きを読む

「タートゥ 死霊の呪い」昔の低予算ゾンビ映画

映画「タートゥ 死霊の呪い」日本版VHSのジャケット画像。

ゾンビ映画!と謳いながらも、 健康そうなアメリカ先住民のオジサンが1人で地味に暴れるだけ。 そんな絶妙にツボを外したホラー映画、 「タートゥ 死霊の呪い」の見どころについて詳しく解説します。 スポンサードリンク 「タートゥ 死霊の呪い」はこんな映画 「タートゥ 死霊の呪い」 (D…
続きを読む

軽いコメディゾンビ映画「インディアン・ゾンビ 死霊の詰合せ」

映画「インディアン・ゾンビ」日本版VHSのジャケット画像。

ゴムマスクっぽいゾンビがゴム製っぽい人体をグチャグチャに破壊! そんな作り物感が楽しいゾンビ映画、 「インディアン・ゾンビ 死霊の詰合せ」 について詳しく解説します。 スポンサードリンク 「インディアン・ゾンビ 死霊の詰合せ」はこんな映画 「インディアン・ゾンビ 死霊の詰合せ」 …
続きを読む

名作「吸血ゾンビ」は「サンゲリア」のルーツ?

映画「吸血ゾンビ」イメージ画像(日本版ポスター)

英国ハマー・プロ製作ホラー映画「吸血ゾンビ」の解説ページです。 特に劇中登場するグロテスクなゾンビについて詳しく語ります。 「サンゲリア」「死霊のはらわた」への影響についても言及しています。 スポンサードリンク 解説「吸血ゾンビ」はこんな映画 「吸血ゾンビ」(原題・THE PLA…
続きを読む

80年代B級ゾンビ映画「吸精鬼」

映画「吸精鬼」のイメージ画像(日本版VHSジャケット)。

80年代のB級ゾンビ映画「吸精鬼」の見どころを解説します! 全く動かない人形のようなゾンビが、 ひたすらグイグイすり寄って来るだけの変なゾンビ映画、 直立不動なゾンビのハリボテ感、スタッフに持ち運ばれてる感が凄いです。 スポンサードリンク ざっくり解説「吸精鬼」はこんな映画 「吸…
続きを読む

JK対ゾンビ「制服サバイガール」飛鳥凛、仲村みう、紗綾

映画「制服サバイガール」イメージ画像

飛鳥凜、仲村みう(現在セクシー女優)、紗綾(元小学生グラドル)ら、 制服やコスプレの可愛い女子高生たちが、 江戸村的テーマパークの戦闘アトラクション内限定でゾンビバトル! 制服美女だらけの楽しいゾンビ映画「制服サバイガール」の見どころについて、 私、血みどろ監督深沢が解説いたしし…
続きを読む

日本のゾンビ映画最強作品「JUNK 死霊狩り」

映画「JUNK死霊狩り」イメージ画像です。

 ゾンビがメジャーで身近な存在になる以前、不気味で不条理なモンスターだった頃のスピリッツを持つ、日本製ゾンビ映画最強作品「JUNK 死霊狩り」の魅力について、私底抜けゾンビ映画監督深沢が熱く語ります!  ゾンビ映画本来の、ホラーとしてのいかがわしさ漂う傑作です。 スポンサードリン…
続きを読む

「ゾンビナイトメア」手抜きで雑過ぎるゾンビ映画

映画「ゾンビナイトメア」のイメージ画像(VHSジャケット)です。

 殺されたマッチョがゾンビとなって甦り、バットで悪人どもを殴り殺して行くだけ!とても分かりやすい復讐劇。80年代ゾンビ映画の特徴であるスプラッターを盛り込めそうな殺人場面でことごとくツボを外しまくる!時を経て今観ると、その雑過ぎる演出が新鮮な底抜けホラー! スポンサードリンク ざ…
続きを読む

ページトップへ戻る