Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

「13日の金曜日」第一作目、魅力の秘密を解説

映画「13日の金曜日」イメージ画像(ポスター)

ホッケーマスクの殺人鬼ジェイソンでおなじみ、 「13日の金曜日」シリーズ。 その原点である第一作目、 お話自体、正直あまり面白くないんですが、 でも人気はあり、 かくいうこの私も気付けば再見しています。 この映画の魅力って何? その正体が分かりましたので大公開! U-NEXT31…
続きを読む

ホラー映画初心者にお薦め!怖くないけど面白い「NECK ネック」

映画「NECK ネック」のイメージ画像

ホラー映画を観たいけど、 ○ 気分的に暗いのや重いのは嫌。 ○ 残酷なのや陰惨なのも苦手。 ○ 初心者なので軽めの作品から観たい。 ○ ホラー苦手な人と一緒に観られる作品を捜している。 そんな方にお薦めなのが、この作品。 「NECK ネック」です! (2010年劇場公開作品) ス…
続きを読む

「ファンタズムⅡ」80年代SFXバトルホラー!

「ファンタズムⅡ」イメージ画像(プログラム)です。

 「ファンタズムⅡ」は、少年期の悪夢を映像化した幻想的ホラー「ファンタズム」から9年ぶりの続編。当時の時代の流れにマッチした、特殊メイクによるグロい見せ場満載のバトルホラー!CGじゃないアナログSFXの楽しさを存分に味わえる、80年代らしいホラー映画です。 スポンサードリンク  …
続きを読む

「ファンタズム 」悪夢のホラー映画と言えばこれ!

映画「ファンタズム」のイメージ画像

 少年期に見た長い悪夢を映像化したようなホラー映画「ファンタズム」。私、血みどろ監督深沢が、多感な少年期に観たこの映画を、当時の印象のまま解説したいと思います。 スポンサードリンク 不安を煽る不可思議なイメージが普通につながる  両親を亡くした孤独な少年が、不気味な葬儀屋トールマ…
続きを読む

「ザ・フォッグ」ジョン・カーペンター監督名作ホラー

映画「ザ・フォッグ」のイメージ画像

 ジョン・カーペンター監督のオリジナル版「ザ・フォッグ」。良質の怪談映画でありゾンビ映画的でもあるこの名作ホラーを、私血みどろ監督深沢が、日本公開当時の思い出話など、極めて個人的情報も含めまして詳しく解説いたします。 スポンサードリンク 1980年5月、「サンゲリア」と同時期に日…
続きを読む

特殊メイクの変身が凄い!「ハウリング」

映画「ハウリング」「ハウリングⅡ」のイメージ画像

 最新の特殊メイクを駆使して、クドい程変身シーンを見せまくり話題を呼んだ狼男映画「ハウリング」と、若干残念なその続編「ハウリングⅡ」。作品のトーンが大きく異なるこの2作品について、公開当時の思い出話など含めつつ解説します。 スポンサードリンク テレビCMの変身場面に当時の子供はビ…
続きを読む

「悪魔の赤ちゃん」人形っぽいけどモロに見せないから結構恐い!

映画「悪魔の赤ちゃん」のイメージ画像です。

 1974年、オカルト映画ブームの中で公開された「悪魔の赤ちゃん」。ギョロ目に牙のインパクト強過ぎな化け物赤ちゃんが有名ですが、劇中ではなかなかその姿を写さずチラ見せ演出で全編引っ張っぱります。CGではないアナログ特撮の怪物一体で見せ切る、当時のB級ホラー演出の魅力について解説し…
続きを読む

巨大蜘蛛の映画が大好き!

巨大蜘蛛映画のイメージ画像です

 巨大な蜘蛛が襲い掛かかるモンスター映画の歴史を、特殊効果別にまとめました!近年の映画でCG技術を駆使して描かれる巨大蜘蛛は、その姿、動きともに見事という他ありませんが、CG以前のアナログ特撮による巨大蜘蛛たちもなかなかの迫力で侮れません! スポンサードリンク 巨大蜘蛛映画の昔と…
続きを読む

スラッシャー映画、血みどろホラー監督おすすめの1本!「ローズマリー」

スラッシャー映画「ローズマリー」イメージ画像

80年代に大量生産されたスラッシャー(殺人鬼もののホラー映画)の中から、私血みどろホラー監督・深沢が厳選したお薦めの1本「ローズマリー」をご紹介します。 (画像はイメージです) スポンサードリンク 殺人鬼ホラーの傑作「ローズマリー」はこんな映画! 「ローズマリー」(THE PRO…
続きを読む

モンスター映画の名作「溶解人間」が楽しい!

「溶解人間」イメージ画像

 全身どろどろ溶け続けながら襲い掛かる人喰い男の恐怖!懐かしのホラー映画「溶解人間」の魅力を語り尽くします。 スポンサードリンク 解説「溶解人間」はこんな映画! 「溶解人間」(THE INCREDIBLE MELTING MAN)  1978年 アメリカ 84分(日本劇場公開時)…
続きを読む

ページトップへ戻る