Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

「スペース・ゾンビ 吸血ビールス大襲来」最もゆるいゾンビ映画かも?

映画「スペース・ゾンビ 吸血ビールス大襲来」イメージ画像。

アメリカの田舎町で町民協力のもと製作されたゆるいゾンビ映画、
「スペース・ゾンビ 吸血ビールス大襲来」について解説します。
(アメブロ「地獄のゾンビ劇場」からの移行記事です)

「スペース・ゾンビ 吸血ビールス大襲来」ストーリー

「スペース・ゾンビ 吸血ビールス大襲来」
(BLOODSUCKERS FROM OUTER SPACE)
(1983年 アメリカ 79分)

アメリカ、砂漠地帯の田舎町を謎の突風が吹き抜ける。
この風にさらされた者は吐血して絶命し、
その後、吸血ゾンビとなって甦る。
宇宙から風と共に飛来した目に見えない知的生命体が、
人間の体内に侵入、宿主を吸血人間に変えていたのだ。

ひょんなことから知り合った若いカップルが、
町の様子やゾンビ現象について調べたり、
ゾンビとゆるく戦ったりする。

気付けば町の住民は主人公のカップル以外全員ゾンビ化。
2人は車で町からの脱出を試みるものの、
ついにあの突風に見舞われてしまう。

「スペース・ゾンビ 吸血ビールス大襲来」はこんな映画

演出といい、演技といい、
全体的にのんびりとした、ゆるいゾンビコメディです。

オープニングは最初の犠牲者のゾンビ化シーン。
未知の生命体が人間を襲う描写は、
ビュ~!、という風の音のみ。
風に吹かれた者は、
「うわあ、凄い風だー」
というパントマイムの末、
ドバー、と吐血して死亡。
しばらくしてから、体を起こし、
「がおおおう」
と唸り、
「どうだ、怖いだろう」
とでも言いたげなポーズを取って凄みます(カメラ目線)。
これでゾンビ化完了。
作品のトーンを象徴する和やかな滑り出しです。

主人公は若いカップルですが、
コミカル路線を狙ってるせいなのか、
この2人には全く緊張感がありません。
というかこの2人に限らず、
人間もゾンビも、登場する者全員がどこかのんびりしてます。

ゾンビと口論の末、おもむろに戦い始める主役の青年。
その様子を、別のゾンビと並んで見ているヒロイン。
その時のヒロインの表情にセリフを付けるとすれば、
「あ~あ、まったく見てらんないわよ」といった感じでしょう。
戦いの方もダラダラしていて緊迫感はゼロ。

青年の兄が殺されても2人のバカップルぶりは変わらず。
兄の死を知った直後にジョークなど言いながらカーセッ○スです。

一応軍や政府なども絡んできますが、
アメリカ陸軍は、どうやら人員2~3人で運営されている模様です。
また、政府の化学研究施設はどう見ても地元の学校です。

ゾンビに襲われた者は、一滴残らず血を吸われて死亡。
その後甦ったりはしません。
つまり伝染性は無し。
ゾンビメークですが、
肌を青白く塗り、その上に青い血管を描くだけです。

スプラッターな見せ場は、
ナタでゾンビの腕を切り落とす。
チェーンソーでゾンビの頭を切り落とす。
の2か所のみ。
適当にグチャグチャにした切断面に血糊を付けて、
チューブでピュー、と血を噴き出させるだけです。
メイクも特殊効果も超手作り感。

素人の地元住民も多数出演協力した、町興し感覚の作品ですね。
全体の印象としては、
田舎の余興で作られたような、のどかなゾンビ映画です。
恐くなく、
笑えもしませんが、
気楽に観られることだけは保証します。

ページトップへ戻る