「デーモンの嵐」悪夢のようなゾンビ・ホラー

映画「デーモンの嵐」イメージ画像 ゾンビ映画

凝った特殊メイク・ゾンビと、
悪夢のようなイメージでいっぱいの楽しいホラー映画、
「デーモンの嵐」について詳しく解説します。
いかにもレンタルビデオ全盛期の作品らしいゾンビ映画です。

「デーモンの嵐」
(DEMON WIND)
(1989年 アメリカ 97分)

スポンサードリンク

「デーモンの嵐」ストーリー

映画「デーモンの嵐」のゾンビたち

映画「デーモンの嵐」のゾンビたち

原っぱが延々と続く人里離れた土地で、
大昔ある一家が悪魔に呪われ全滅。
家族は次々に悪魔に憑依されて殺し合い、
なぜだか家ごと大爆発。

その一家の孫が主人公。
二十代の青年に成長した彼は、
自分のルーツを探るため、爆発した家の焼け跡を訪れます。

1人じゃ恐いので、
恋人と大勢の友人達をこの嫌な旅行にご招待。

途中、さびれ果てたガソリンスタンドのオヤジに、
「悪いこたあ言わねえ、あそこへは近付かん方がええ」
とありがちな忠告を受けつつも、
一行は原っぱの廃墟へ到着。

まず、友人の1人の女性が変な幽霊に捕まり、
ボン!と小さい人形に変えられ、突然炎上。

それを目の当たりにした仲間達の反応にセリフを付けるとすれば、
「ありゃ?」です。
極薄反応。
女性の恋人ですら、ちょっとガッカリした程度。

1人欠けた一行は廃屋で一夜を明かすことに。
その晩、男性2人を、家の外から悪魔が誘惑。
その手口ですが、
オッパイ丸出しのお姉さんが窓の外から「カモ~ン」
という古典的(?)な手法。

で、オッパイにつられて出て来た2人を、
ゾンビの群れが襲います。

その後もゾンビの襲撃は続き、
友人達は次々に殺され、化け物の仲間入り。

ついには主人公と恋人だけになった家の中へ、
ゾンビの群れが侵入!

万事休す!?

とその時、外からゾンビ達を呼ぶ声が!
家の外に立つ神父の前に集まるゾンビ達。

実はゾンビの正体は、
昔、この神父の導きで悪魔に魂を売った村人達。

そしてこの悪の神父の正体はなんと・・・

※ この後、結末までの展開はネタばれになりますので、
  ページの末尾に記載しております。
  未見の方は十分ご注意ください。

「デーモンの嵐」はこんな映画

ゾンビは凝った特殊メイクのグロタイプ

映画「デーモンの嵐」のゾンビ

映画「デーモンの嵐」のゾンビ

ゾンビの姿は尖った歯が特徴で、
皮膚は吹き出物だらけでボコボコ。
銃で撃つと、中から黄色いババロアが飛び出します。
突然口から杏仁豆腐を吐き出したりして、汚いです。
肉をかじり取ったりはしますが、本格的に食人はしません。

レンタルビデオ時代のゾンビ・ホラー

映画「デーモンの嵐」ゾンビからババロアが噴出

映画「デーモンの嵐」ゾンビからババロアが噴出

89年製作、ということで、
レンタルビデオ全盛な頃のホラー映画らしい作品。

ゴム感溢れる凝った特殊メイクのゾンビが多数登場。
最後は大きめで、やはりラテックス感なモンスターとの対決だし。

ババロアまみれなゾンビの着弾もたっぷり見せてくれます。
ただ、胴体への着弾がほとんどだったのは少々残念。
やはり頭部とか顔面とか、衣類に隠れてない部分を吹き飛ばして欲しいですね。

ゾンビと悪夢のホラー映画

映画「デーモンの嵐」異界の少女

映画「デーモンの嵐」異界の少女

当時「悪夢のホラー」と言えば、
「エルム街の悪夢」シリーズや「ファンタズム」シリーズが代表格ですが、
この「デーモンの嵐」も悪夢ホラーと呼んでも良いゾンビ映画。

実際に悪夢のシーンも多いのですが、
劇中の様々な出来事も、悪夢のように不条理なイメージで溢れています。
前述の、突然仲間がボンッ!と人形に変身もそう。
他にもゾンビが死ぬ瞬間、
人間の戻り、少年になり、赤ん坊になり、最後は鳩になって飛び去る、等、
不可思議なイメージ多数。

スポンサードリンク

閲覧注意!「デーモンの嵐」ネタばれの結末

※ 以下、物語の真相と結末に触れています。

悪の神父の正体は・・・

なんとあのガソリンスタンドのオヤジ!!!

意外!!!

・・・・・なのか?

ゾンビ達は次々に神父に合体。
すると神父はちょっと大きめなゾンビに大変身!
しかし・・・・・

やや大きめなサイズになったとはいえ1人なので、
ゾンビ軍団だった時より明らかに戦力ダウン。

なぜ変身した?

映画「デーモンの嵐」のラスボス合体ゾンビ

映画「デーモンの嵐」のラスボス合体ゾンビ

主人公も負けじと、亡き祖母の日記に記された呪文で、
変な禿げ頭のお化けに大変身!
が・・・
対抗して変身してはみたものの、
別に強くなったわけではないので全く活躍出来ず!

なぜ変身した?

映画「デーモンの嵐」変身した主人公

映画「デーモンの嵐」変身した主人公

最後はお祖母ちゃんの遺した呪文で、特大ゾンビは炎上。
一件落着。
主人公と恋人は車でお家へ帰ります。

結局、巻き添えをくった友人達は全員死亡。

事態解決の決め手となったお祖母ちゃんの日記は
初期段階で入手していたので、
出し惜しみしなければお友達は死なずに済みましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました